Quick CacheとJetpackの導入

何だかんだでWordPressの表示が遅い…
何とかならないものかと検索してみたら、今色々な方法があるらしい。

今まではWP Super Cacheを利用していたのだけど、もう古い感じらしい。
というわけで、Quick Cacheを導入してみた。
WP Super Cacheより全然設定が楽(T_T)

そして、ついでだからともっと高速化できないかと探した結果、タダで使えるCDNを使って画像を表示させると描画も速くなるってことで、JetpackのPhotonなるものを導入。
Jetpack自体にも沢山機能が入ってるみたいなのだが、とりあえずデフォルトのままで追加でPhotonも有効化。

少しハマッたのが、画像URLが http:// から始まっていないとCDN側のURLに書き換えてくれないということ…。
相対パスで書いていたので一部うまくCDNにはなっていないけど、使えてるみたいだから今のところは良しとしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>